HOME>オススメ情報>契約の期間は2年に設定されていることが多い

基本は一般的な賃貸と同じ

模型

賃貸オフィスは、管理会社などの第三者が保有している物件を借りるものです。賃貸借契約を結ぶのが基本で、法律によって定められた範囲内で利用していくことになります。そして賃貸なので月ごとに支払いをする必要があります。その賃貸オフィスを利用するにはまず、月額とは別の初期費用として、まとまった金額が必要です。その内訳は一般的な賃貸と同じように、敷金や礼金に保証金といった基本的なものが大部分を占めます。またその他にオフィスとして使用できるようにするための内装工事や、設備を購入する分が含まれることもあります。基本以外の部分が具体的にどれくらいの額になるのかは、賃貸オフィスによって異なります。

契約には種類がある

空き部屋

賃貸オフィスは一定期間利用を契約によって決めることがほとんどで、2年に設定されることが多いです。そして原則として2年以内に解約することはできませんが、違約金を支払うことで解約できるという特約を結んだ場合は例外となります。そして賃貸オフィスは移転がしやすいことが強みのひとつですが、もし解約するのであれば、解約日の3ヶ月から6ヶ月前にはそのことを伝えておかなければなりません。もし伝えるのが遅い場合は、自動更新される可能性があります。

広告募集中